Archive for ◊ 10月, 2013 ◊

• 木曜日, 10月 31st, 2013
Category: 業界ニュース  | Comments off
• 木曜日, 10月 31st, 2013
2013年第3四半期のハイライトは以下のとおりです:
• 売上高は7億1540万ドル
• GAAPベースの粗利益率は34.8%
• 非GAAPベースの粗利益率は34.8%
• GAAPベースの希薄化後一株当たり純利益は0.11ドル
• 非GAAPベースの希薄化後一株当たり純利益は0.17ドル
• 普通株式約410万株の買い戻しを実施

米国アリゾナ州フェニックス – 2013年10月31日 – オン・セミコンダクター・コーポレーション(Nasdaq: ONNN)は本日、2013年第3四半期の売上高が前期比約4%増の7億1540万ドルであったと発表しました。2013年第3四半期のGAAPベースの純利益は5180万ドル、希薄化後一株当たり利益は0.11ドルでした。2013年第3四半期のGAAPベースの純利益は特別項目のおよそ2360万ドルによるものでした。すべての特別項目の詳細は添付の明細に記載されています。

2013年第3四半期の非GAAPベースの純利益は7540万ドル、希薄化後一株当たり利益は0.17ドルでした。ちなみに、2013年第2四半期の純利益は5720万ドル、希薄化後一株当たり利益は0.13ドルでした。米国GAAPに従って作成された会社の直接比較可能な財務指標に対する、これら非GAAPベースの財務指標の調整(および、非GAAPベースの粗利益率や調整後EBITDAなど、このリリースの他の箇所で使用されているその他の非GAAPベースの財務指標の調整)が、添付の明細および当社ウェブサイト(http://www.onsemi.com/)に掲載されています。また、 エンド市場、地域、流通経路、および事業分野別の売上が弊社ウェブサイトの「投資家情報」セクションに示してあります。

2013年第3四半期の平均販売価格(調整後ベース)は、2013年第2四半期に比べ約1%減少しました。第3四半期のGAAPベースの総粗利益率は34.8%でした。非GAAPベースの粗利益率は34.8%でした。

2013年第3四半期の調整後EBITDAは1億2880万ドルでした。2013年第2四半期の調整後EBITDAは1億1240万ドルでした。

オン・セミコンダクターの社長兼CEOのKeith Jacksonは次のように語っています。「需要環境が不安定で、需要動向は半導体業界における通常の季節変動よりも遅れが生じました。」「良好とは言えない需要環境の中で、当社の中核事業は、ターゲットとする自動車、スマートフォン、白物家電、産業市場における特定セグメントなどの成長分野に、設計採用につながる確固としたパイプラインを持っているため、業績は順調に推移しています。」「また、売上を安定させ事業のコスト構造を最適化しようとする当社の努力が明確な結果を出し始めてきている一方で、三洋半導体製品グループからの当社決算に対する逆風がまだ続いています。当社が最近発表した対策によって、2014年以降は三洋半導体事業で、 持続的に利益を計上できる明確な見通しが得られたと確信しています。」

2013 年第4 四半期の見通し
Keith Jacksonはさらに次のように述べています。「当社は、受注トレンド、受注残水準、予想在庫回転率に基づき、2013年第4四半期の売上高が約6億7500万ドル~7億500万ドルになると予測しています。」「2013年第4四半期に対する受注残水準は、当社の2013年第4四半期の予測売上高の80~85%となっています。2013年第4四半期の平均販売価格は、2013年第3四半期と比べて約1%減少するとみています。2013年の第4四半期の見通しには、約700万ドルから900万ドルの株式報酬費用が含まれます。」

以下の表は、オン・セミコンダクターの2013年第4四半期のGAAPおよび非GAAPベースの業績見通しを示したものです。

Q311 Business Outlook table

* 転換社債、非現金支払利息費用は、FASBの財務会計基準書(“ASC”) Topic 470: Debtに従います。

** 希薄化後株数はオプションまたは受給制限付き株式の実際の行使数、会社の転換可能上位劣後債全体から生じる希薄化株式の増加、ならびに株式または転換社債の買い戻しや発行、または自社株式の売却により、特に変動する可能性があります。

*** 特別項目に含まれるもの: 無形固定資産償却費、買収関連費用償却費、公正価値在庫評価額の増加費用、在庫評価調整、購入した仕掛りの研究開発費、構造改革、評価損およびその他の費用、純額、営業権の減損費用、債務の期限前償還に伴う収益および損失、非現金支払利息費用、関連税効果、税金費用の概算に伴う法人税の調整、および必要に応じた他の特別項目。

**** レギュレーションGおよび証券取引法の他の規定は、GAAP(一般に構成妥当と認められた会計原則)に準拠して作成されていない財務指標の利用を規制しています。これらの非GAAP指標が投資家に対する重要な補足情報を提供すると当社は考えています。当社は、社内の経営管理目的および期間比較の評価尺度として、GAAPベースの指標とこれらの指標を併せて使用しています。とはいえ、当社のパフォーマンス指標として非GAAPベースの財務指標のみに依存すべきではありません。GAAPベースの決算と当社のリリースに記載する関連GAAPベースの財務指標への調整を併用すれば、非GAAPベースの財務諸表が当社事業の局面を考察する新たな方法になり、また当社事業へ影響を与える要因とトレンドについての総合的な理解を与えると当社は考えています。非GAAPベースの財務諸表は標準化されていないため、類似企業であっても、これらの財務諸表を他の企業の非GAAPベースの財務諸表と比較することは不可能かもしれません。.

FINANCIALS

テレカンファレンス
オン・セミコンダクターは、2013年10月31日午後5時(東部標準時間)に、オン・セミコンダクターの2013年第3四半期決算についての金融業界向けカンファレンス・コールを開催します。当社ウェブサイトhttp://www.onsemi.jp の「投資家」ページにて、テレカンファレンスのリアルタイム・オーディオ放送も提供いたします。ライブ放送の約1時間後から約30日間、同サイトでウェブキャストのリプレイを聴くことができます。投資家および関係者は、(888) 291-2604 (米国/カナダ)または (760) 536-5202 (米国/カナダ以外)に電話をかけて、カンファレンス・コールにアクセスすることもできます。このカンファレンス・コールに参加するには、Conference ID Number (80548201) を入力する必要があります。ライブ放送の約2時間後から2013年11月7日までダイヤルインによるリプレイを提供します。テレカンファレンスのリプレイを聴くには、(855) 859-2056 (米国/カナダ) または (404) 537-3406 (米国/カナダ以外) に電話をおかけ下さい。Conference ID Number (80548201) の入力が求められます。

この資料には、1995年米国私募証券訴訟改革法の意義の範囲内における「将来の見通しに関する記述」が含まれています。記載内容のうち歴史的事実を除くすべての記述は、将来の見通しに関する記述であり、特にオン・セミコンダクターの将来の財務業績に関する記述がこれに該当します。これらの将来の見通しに関する記述は、しばしば「確信しています」「予測します」「推測します」「見込みです」「可能性があります」「予定です」「つもりです」「計画しています」「すべきです」「予期しています」といった予測的な単語を伴う記述や、戦略、計画、意図に関する記述で表現されます。本書のすべての将来の見通しに関する記述は、当社の現在の期待、予測、見込み、想定に基づくもので、リスク、不確実性、および他の要素を含んでいるため、結果または事象が将来の見通しに関する記述に記載されている業績と大きく異なる可能性があります。このような要素としては、当社の収益や業績、経済状況および市況(現在の財務状況を含む)の悪化、為替レート変動の影響、半導体産業の周期性、当社の製品に対する要素の変化、当社の顧客および代理店の在庫の変化、技術および製品の開発リスク、当社の知的所有権の実施と保護および関連リスク、原料の入手可能性、電気・ガス・水・その他のサプライ・チェーンの不確実性、当社顧客、重要の多様化および半導体製品における急激な価格変動に対する供給継続性を維持するために必要に応じて他の施設に製造を効率的に移行する当社の能力、既存製品のコスト効果と品質維持のもとでの増産についての能力、競合製品の発表による悪影響を含む競合他社の行動、価格および粗利益率の圧力、重要な顧客の喪失、注文の取り消しや予約注文の縮小、製造歩留まりの変化、コストと支出の抑制および再編と相乗効果によるコスト削減の達成(三洋半導体製品グループにおける希望退職プログラムを含む)、重要な訴訟、将来のニーズ用としての現金ではなく負債前払い、株式の買い戻しあるいは買収のような様々な用途のための現金準備高を消費するためのリスク、買収および譲渡(買収したビジネスの将来の財務実績を正確に予測する際に遭遇する困難を含む)に関するリスク、当社のその時々の債務決定における実質的レバレッジおよび制限約款に関連するリスク、海外での雇用および労働組合や団体交渉協約に関連する労働問題を含む、国際的経営活動そして当社の経営や金融/財務に影響を及ぼす人災や自然災害に関連するリスク、国際的武力紛争や米国内外におけるテロ活動の脅威または発生、企業統治および情報公開基準の新しい規制に関連するリスクやコスト、新しい法的要件および環境またはその他の行政法規制に関するリスクがあります。将来の見通しに関する記述が実際の業績と大きく異なる可能性がある他の要素は、証券取引委員会(以下、「SEC」)に2013年2月26日提出済みのオン・セミコンダクターの2012 Form 10-K(年次報告書)、Form 10-Q(四半期報告書)、Form 8-K(最新報告書)、およびオン・セミコンダクターのその他のSECファイリングに記載されています。当社証券への投資判断を下す前に、本書、2012 Form 10-K、およびSECに保管または提出済みのその他の報告書に記載されたトレンド、リスク、および不確実性を慎重に検討する必要があります。これらのトレンド、リスク、または不確実性が実際に起こるか継続する場合、当社の事業、財務状況、または業績が大きな影響を受ける可能性があり、当社株の株価が下落し、投資家が投資額の全額または一部を失う可能性があります。将来の見通しに関する記述を過度に信頼することはお控えください。オン・セミコンダクターは、将来の見通しに関するいかなる情報も更新する義務を負いません。当社または当社の代理人に起因するすべての将来の見通しに関する記述全体について、この注意事項を明確な条件とします。

Category: 業界ニュース  | Comments off
• 木曜日, 10月 31st, 2013
2013年第3四半期のハイライトは以下のとおりです:
• 売上高は7億1540万ドル
• GAAPベースの粗利益率は34.8%
• 非GAAPベースの粗利益率は34.8%
• GAAPベースの希薄化後一株当たり純利益は0.11ドル
• 非GAAPベースの希薄化後一株当たり純利益は0.17ドル
• 普通株式約410万株の買い戻しを実施

米国アリゾナ州フェニックス – 2013年10月31日 – オン・セミコンダクター・コーポレーション(Nasdaq: ONNN)は本日、2013年第3四半期の売上高が前期比約4%増の7億1540万ドルであったと発表しました。2013年第3四半期のGAAPベースの純利益は5180万ドル、希薄化後一株当たり利益は0.11ドルでした。2013年第3四半期のGAAPベースの純利益は特別項目のおよそ2360万ドルによるものでした。すべての特別項目の詳細は添付の明細に記載されています。

2013年第3四半期の非GAAPベースの純利益は7540万ドル、希薄化後一株当たり利益は0.17ドルでした。ちなみに、2013年第2四半期の純利益は5720万ドル、希薄化後一株当たり利益は0.13ドルでした。米国GAAPに従って作成された会社の直接比較可能な財務指標に対する、これら非GAAPベースの財務指標の調整(および、非GAAPベースの粗利益率や調整後EBITDAなど、このリリースの他の箇所で使用されているその他の非GAAPベースの財務指標の調整)が、添付の明細および当社ウェブサイト(http://www.onsemi.com/)に掲載されています。また、 エンド市場、地域、流通経路、および事業分野別の売上が弊社ウェブサイトの「投資家情報」セクションに示してあります。

2013年第3四半期の平均販売価格(調整後ベース)は、2013年第2四半期に比べ約1%減少しました。第3四半期のGAAPベースの総粗利益率は34.8%でした。非GAAPベースの粗利益率は34.8%でした。

2013年第3四半期の調整後EBITDAは1億2880万ドルでした。2013年第2四半期の調整後EBITDAは1億1240万ドルでした。

オン・セミコンダクターの社長兼CEOのKeith Jacksonは次のように語っています。「需要環境が不安定で、需要動向は半導体業界における通常の季節変動よりも遅れが生じました。」「良好とは言えない需要環境の中で、当社の中核事業は、ターゲットとする自動車、スマートフォン、白物家電、産業市場における特定セグメントなどの成長分野に、設計採用につながる確固としたパイプラインを持っているため、業績は順調に推移しています。」「また、売上を安定させ事業のコスト構造を最適化しようとする当社の努力が明確な結果を出し始めてきている一方で、三洋半導体製品グループからの当社決算に対する逆風がまだ続いています。当社が最近発表した対策によって、2014年以降は三洋半導体事業で、 持続的に利益を計上できる明確な見通しが得られたと確信しています。」

2013 年第4 四半期の見通し
Keith Jacksonはさらに次のように述べています。「当社は、受注トレンド、受注残水準、予想在庫回転率に基づき、2013年第4四半期の売上高が約6億7500万ドル~7億500万ドルになると予測しています。」「2013年第4四半期に対する受注残水準は、当社の2013年第4四半期の予測売上高の80~85%となっています。2013年第4四半期の平均販売価格は、2013年第3四半期と比べて約1%減少するとみています。2013年の第4四半期の見通しには、約700万ドルから900万ドルの株式報酬費用が含まれます。」

以下の表は、オン・セミコンダクターの2013年第4四半期のGAAPおよび非GAAPベースの業績見通しを示したものです。

Q311 Business Outlook table

* 転換社債、非現金支払利息費用は、FASBの財務会計基準書(“ASC”) Topic 470: Debtに従います。

** 希薄化後株数はオプションまたは受給制限付き株式の実際の行使数、会社の転換可能上位劣後債全体から生じる希薄化株式の増加、ならびに株式または転換社債の買い戻しや発行、または自社株式の売却により、特に変動する可能性があります。

*** 特別項目に含まれるもの: 無形固定資産償却費、買収関連費用償却費、公正価値在庫評価額の増加費用、在庫評価調整、購入した仕掛りの研究開発費、構造改革、評価損およびその他の費用、純額、営業権の減損費用、債務の期限前償還に伴う収益および損失、非現金支払利息費用、関連税効果、税金費用の概算に伴う法人税の調整、および必要に応じた他の特別項目。

**** レギュレーションGおよび証券取引法の他の規定は、GAAP(一般に構成妥当と認められた会計原則)に準拠して作成されていない財務指標の利用を規制しています。これらの非GAAP指標が投資家に対する重要な補足情報を提供すると当社は考えています。当社は、社内の経営管理目的および期間比較の評価尺度として、GAAPベースの指標とこれらの指標を併せて使用しています。とはいえ、当社のパフォーマンス指標として非GAAPベースの財務指標のみに依存すべきではありません。GAAPベースの決算と当社のリリースに記載する関連GAAPベースの財務指標への調整を併用すれば、非GAAPベースの財務諸表が当社事業の局面を考察する新たな方法になり、また当社事業へ影響を与える要因とトレンドについての総合的な理解を与えると当社は考えています。非GAAPベースの財務諸表は標準化されていないため、類似企業であっても、これらの財務諸表を他の企業の非GAAPベースの財務諸表と比較することは不可能かもしれません。.

FINANCIALS

テレカンファレンス
オン・セミコンダクターは、2013年10月31日午後5時(東部標準時間)に、オン・セミコンダクターの2013年第3四半期決算についての金融業界向けカンファレンス・コールを開催します。当社ウェブサイトhttp://www.onsemi.jp の「投資家」ページにて、テレカンファレンスのリアルタイム・オーディオ放送も提供いたします。ライブ放送の約1時間後から約30日間、同サイトでウェブキャストのリプレイを聴くことができます。投資家および関係者は、(888) 291-2604 (米国/カナダ)または (760) 536-5202 (米国/カナダ以外)に電話をかけて、カンファレンス・コールにアクセスすることもできます。このカンファレンス・コールに参加するには、Conference ID Number (80548201) を入力する必要があります。ライブ放送の約2時間後から2013年11月7日までダイヤルインによるリプレイを提供します。テレカンファレンスのリプレイを聴くには、(855) 859-2056 (米国/カナダ) または (404) 537-3406 (米国/カナダ以外) に電話をおかけ下さい。Conference ID Number (80548201) の入力が求められます。

この資料には、1995年米国私募証券訴訟改革法の意義の範囲内における「将来の見通しに関する記述」が含まれています。記載内容のうち歴史的事実を除くすべての記述は、将来の見通しに関する記述であり、特にオン・セミコンダクターの将来の財務業績に関する記述がこれに該当します。これらの将来の見通しに関する記述は、しばしば「確信しています」「予測します」「推測します」「見込みです」「可能性があります」「予定です」「つもりです」「計画しています」「すべきです」「予期しています」といった予測的な単語を伴う記述や、戦略、計画、意図に関する記述で表現されます。本書のすべての将来の見通しに関する記述は、当社の現在の期待、予測、見込み、想定に基づくもので、リスク、不確実性、および他の要素を含んでいるため、結果または事象が将来の見通しに関する記述に記載されている業績と大きく異なる可能性があります。このような要素としては、当社の収益や業績、経済状況および市況(現在の財務状況を含む)の悪化、為替レート変動の影響、半導体産業の周期性、当社の製品に対する要素の変化、当社の顧客および代理店の在庫の変化、技術および製品の開発リスク、当社の知的所有権の実施と保護および関連リスク、原料の入手可能性、電気・ガス・水・その他のサプライ・チェーンの不確実性、当社顧客、重要の多様化および半導体製品における急激な価格変動に対する供給継続性を維持するために必要に応じて他の施設に製造を効率的に移行する当社の能力、既存製品のコスト効果と品質維持のもとでの増産についての能力、競合製品の発表による悪影響を含む競合他社の行動、価格および粗利益率の圧力、重要な顧客の喪失、注文の取り消しや予約注文の縮小、製造歩留まりの変化、コストと支出の抑制および再編と相乗効果によるコスト削減の達成(三洋半導体製品グループにおける希望退職プログラムを含む)、重要な訴訟、将来のニーズ用としての現金ではなく負債前払い、株式の買い戻しあるいは買収のような様々な用途のための現金準備高を消費するためのリスク、買収および譲渡(買収したビジネスの将来の財務実績を正確に予測する際に遭遇する困難を含む)に関するリスク、当社のその時々の債務決定における実質的レバレッジおよび制限約款に関連するリスク、海外での雇用および労働組合や団体交渉協約に関連する労働問題を含む、国際的経営活動そして当社の経営や金融/財務に影響を及ぼす人災や自然災害に関連するリスク、国際的武力紛争や米国内外におけるテロ活動の脅威または発生、企業統治および情報公開基準の新しい規制に関連するリスクやコスト、新しい法的要件および環境またはその他の行政法規制に関するリスクがあります。将来の見通しに関する記述が実際の業績と大きく異なる可能性がある他の要素は、証券取引委員会(以下、「SEC」)に2013年2月26日提出済みのオン・セミコンダクターの2012 Form 10-K(年次報告書)、Form 10-Q(四半期報告書)、Form 8-K(最新報告書)、およびオン・セミコンダクターのその他のSECファイリングに記載されています。当社証券への投資判断を下す前に、本書、2012 Form 10-K、およびSECに保管または提出済みのその他の報告書に記載されたトレンド、リスク、および不確実性を慎重に検討する必要があります。これらのトレンド、リスク、または不確実性が実際に起こるか継続する場合、当社の事業、財務状況、または業績が大きな影響を受ける可能性があり、当社株の株価が下落し、投資家が投資額の全額または一部を失う可能性があります。将来の見通しに関する記述を過度に信頼することはお控えください。オン・セミコンダクターは、将来の見通しに関するいかなる情報も更新する義務を負いません。当社または当社の代理人に起因するすべての将来の見通しに関する記述全体について、この注意事項を明確な条件とします。

Category: 業界ニュース  | Comments off
• 木曜日, 10月 31st, 2013
Category: 業界ニュース  | Comments off
• 木曜日, 10月 31st, 2013
Category: 業界ニュース  | Comments off
Author:
• 木曜日, 10月 31st, 2013
Category: 業界ニュース  | Comments off
Author:
• 木曜日, 10月 31st, 2013
Category: 業界ニュース  | Comments off
• 水曜日, 10月 30th, 2013

ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役会長兼CEO 作田 久男)は本日、平成25年11月1日付で当社の執行役員常務兼CSMOおよびグローバル・セールス・マーケティング本部の本部長に高橋恒雄が就任することをお知らせいたします。

Category: 業界ニュース  | Comments off
• 水曜日, 10月 30th, 2013

ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役会長兼CEO:作田 久男)は平成25年3月期第2四半期決算と合わせて『ルネサスを変革する』を発表いたしました。

Category: 業界ニュース  | Comments off
• 水曜日, 10月 30th, 2013

平成25年8月2日に公表した平成26年3月期第2四半期(累計)の連結業績予想と本日公表の実績の間に差異が生じましたのでお知らせいたします。

Category: 業界ニュース  | Comments off