Archive for ◊ 2月, 2014 ◊

• 金曜日, 2月 28th, 2014
2種類のソフトウェア無線(SDR)プラットフォーム・ソリューション「AD-FMCOMMS4-EBZ」「AD-FMCOMMS3-EBZ」を発表
Category: 業界ニュース  | Comments off
• 水曜日, 2月 26th, 2014

ルネサスの産業機器向けに大容量メモリを搭載した32ビットマイコン「RX64Mグループ」ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役会長兼CEO:作田 久男)は、このたび32ビットマイコン「RXファミリ」のフラグシップ製品として初めて、回路線幅に40nm(ナノメートル、ナノは10億分の1)のプロセスを採用したマイコンを製品化し、「RX64Mグループ」の名称で、本日より順次サンプル出荷を開始いたします。


Category: 業界ニュース  | Comments off
Author:
• 火曜日, 2月 25th, 2014
Category: 業界ニュース  | Comments off
Author:
• 月曜日, 2月 24th, 2014
Category: 業界ニュース  | Comments off
• 金曜日, 2月 21st, 2014
金額の最終決定により生じた変更の概要は以下のとおりです。
• 2014年第1四半期の見通しに変更なし
• 非GAAPベースの会社決算に変更なし
• 粗利益と営業利益を含む主要営業指標に変更なし
• 現金および現金等価物または将来の現金への影響に変更なし
• 2013年第4四半期の非現金税金費用は1,320万ドル増加
• 2013年12月31日を期末とする年度の非現金税金費用は1,320万ドル増加
• 2013年第4四半期および通期のGAAPベースの純利益は1,320万ドル減少

オン・セミコンダクター・コーポレーション (本社 米国アリゾナ州フェニックス、Nasdaq: ONNN 以下、当社)は本日、2013年第4四半期および12月31日を期末とする年度について、(i)納税引当金を2013年第4四半期が970万ドルから2,290万ドルへ増額、2013年12月31日を期末とする年度は1,370万ドルから2,690万ドルへ増額、(ii)2013年12月31日時点の米国の繰延税金負債を1,320万ドル増額など、2013年第4四半期および通期の納税引当金および一部の関連財務実績に対する調整を含め、連結財務諸表の年次監査を最終決定したことを発表しました。納税引当金の1,320万ドルの増加と繰延税金負債の増加のうち、約1,070万ドルは2013年12月31日を期末とする年度の前の期に関連し、250万ドルは2013年度に関連するものです。これらの調整は、一部の繰延税金負債を必要とされる評価引当金の決定前の繰延税金資産に対して相殺不可能と当社が結論に達したことによります。上述の調整の影響は、2013年第4四半期および2013年通期の当社決算の非現金項目に限定されます。当社は、上述の修正に起因する将来の現金への影響は予想しておりません。

非GAAPベースの決算や元の決算リリースに記載しました2014年第1四半期の見通しに変更はありませんが、税金費用の追加発生により、最終的に2013年12月31日を期末とする四半期の当社の一般に認められた会計原則(GAAP)ベースの純利益は2,870万ドル(1株当たり希薄化後0.06ドル)、修正後の2013年通期のGAAPベースの純利益は1億5,080万ドル(1株当たり希薄化後0.33ドル)となります。

以下は、上述の修正を含むものであり、当社が2014年2月6日付けのプレス・リリースで発表した元の決算に置き換わるものです。

2013年第4四半期のハイライトは以下のとおりです。
• 売上高は7億1,800万ドル
• GAAPベースの粗利益率は35.2%
• 非GAAPベースの粗利益率は34.8%
• GAAPベースの一株当たり純利益は0.06ドル
• 非GAAPベースの一株当たり純利益は0.17ドル
• 普通株式830万株の買い戻しで約5900万ドルを計上

2013年度のハイライトは以下のとおりです。
• 売上高は27億8,270万ドル
• 調整後EBITDAは4億6,930万ドル
• GAAPベースの一株当たり純利益は0.33ドル
• 非GAAPベースの一株当たり純利益は0.56ドル
• 普通株式1,390万株の買い戻しで約1億100万ドルを計上

2013年第4四半期および2013年度通期の決算リリースはこちらから、ご参照いただけます。 2013年第4四半期および2013年度通期の決算概況の詳細につきましては、下記からご参照いただけます。

FINANCIALS

この資料には、1995年米国私募証券訴訟改革法の意義の範囲内における「将来の見通しに関する記述」が含まれています。記載内容のうち歴史的事実を除くすべての記述は、将来の見通しに関する記述であり、特にオン・セミコンダクターの将来の財務業績に関する記述がこれに該当します。これらの将来の見通しに関する記述は、しばしば「確信しています」「予測します」「推測します」「見込みです」「可能性があります」「予定です」「つもりです」「計画しています」「すべきです」「予期しています」といった予測的な単語を伴う記述や、戦略、計画、意図に関する記述で表現されます。こうした将来の見通しに関する記述は、この資料の発行日において当社が知り得た情報および現在の見込み、予測、仮定に基づくもので、リスク、不確実性、その他の要因を含んでいるため、実際の結果は、将来の見通しに関する記述に示している業績と大きく異なる可能性があります。このような要素としては、当社の収益や業績、経済状況および市況(現在の財務状況を含む)の悪化、為替レート変動の影響、半導体産業の周期性、当社の製品に対する要素の変化、当社の顧客および代理店の在庫の変化、技術および製品の開発リスク、当社の知的所有権の実施と保護および関連リスク、原料の入手可能性、電気・ガス・水・その他のサプライ・チェーンの不確実性、当社顧客、重要の多様化および半導体製品における急激な価格変動に対する供給継続性を維持するために必要に応じて他の施設に製造を効率的に移行する当社の能力、既存製品のコスト効果と品質維持のもとでの増産についての能力、競合製品の発表による悪影響を含む競合他社の行動、価格および粗利益率の圧力、重要な顧客の喪失、注文の取り消しや予約注文の縮小、製造歩留まりの変化、コストと支出の抑制および再編と相乗効果によるコスト削減の達成(三洋半導体製品グループにおける希望退職プログラムやグローバル規模での人員削減を含む)、重要な訴訟、将来のニーズ用としての現金ではなく負債前払い、株式の買い戻しあるいは買収のような様々な用途のための現金準備高を消費するためのリスク、買収および譲渡(統合、買収したビジネスに関し証券取引委員会(SEC)とともに適時にファイルする財務情報、買収したビジネスの将来の財務実績を正確に予測する際に遭遇する困難を含む)に関するリスク、当社のその時々の債務決定における実質的レバレッジおよび制限約款に関連するリスク、海外での雇用および労働組合や団体交渉協約に関連する労働問題を含む、国際的経営活動そして当社の経営や金融/財務に影響を及ぼす人災やタイの洪水、日本の地震や津波のような自然災害に関連するリスク、国際的武力紛争や米国内外におけるテロ活動の脅威または発生、企業統治および情報公開基準の新しい規制に関連するリスクやコスト、新しい法的要件および環境またはその他の行政法規制に関するリスクがあります。将来の見通しに関する記述が実際の業績と大きく異なり得る他の要素に関する情報は、証券取引委員会に提出済みのオン・セミコンダクターの2013年2月26日にSECファイリングしたForm 10-K(年次報告書)、Form 10-Q(四半期報告書)、Form 8-K(最新報告書)、およびその他のSECファイリングに記載されています。これらのトレンド・リスク、または不確実性が実際に起こるか継続する場合は、当社の事業、財務状況、または業績が大きな影響を受ける可能性があり、当社株の株価が下落し、投資家が投資額の全額または一部を失う可能性があります。将来の見通しに関する記述に過度の信頼を置かないよう、ご注意ください。これらの将来の見通しに関する記述は、今後の任意の日付における当社の見解を表すものです。また当社はこれらの記述を作成日以降の出来事や状況を反映して更新する、いかなる義務も負わないものとします。

Category: 業界ニュース  | Comments off
• 金曜日, 2月 21st, 2014
金額の最終決定により生じた変更の概要は以下のとおりです。
• 2014年第1四半期の見通しに変更なし
• 非GAAPベースの会社決算に変更なし
• 粗利益と営業利益を含む主要営業指標に変更なし
• 現金および現金等価物または将来の現金への影響に変更なし
• 2013年第4四半期の非現金税金費用は1,320万ドル増加
• 2013年12月31日を期末とする年度の非現金税金費用は1,320万ドル増加
• 2013年第4四半期および通期のGAAPベースの純利益は1,320万ドル減少

オン・セミコンダクター・コーポレーション (本社 米国アリゾナ州フェニックス、Nasdaq: ONNN 以下、当社)は本日、2013年第4四半期および12月31日を期末とする年度について、(i)納税引当金を2013年第4四半期が970万ドルから2,290万ドルへ増額、2013年12月31日を期末とする年度は1,370万ドルから2,690万ドルへ増額、(ii)2013年12月31日時点の米国の繰延税金負債を1,320万ドル増額など、2013年第4四半期および通期の納税引当金および一部の関連財務実績に対する調整を含め、連結財務諸表の年次監査を最終決定したことを発表しました。納税引当金の1,320万ドルの増加と繰延税金負債の増加のうち、約1,070万ドルは2013年12月31日を期末とする年度の前の期に関連し、250万ドルは2013年度に関連するものです。これらの調整は、一部の繰延税金負債を必要とされる評価引当金の決定前の繰延税金資産に対して相殺不可能と当社が結論に達したことによります。上述の調整の影響は、2013年第4四半期および2013年通期の当社決算の非現金項目に限定されます。当社は、上述の修正に起因する将来の現金への影響は予想しておりません。

非GAAPベースの決算や元の決算リリースに記載しました2014年第1四半期の見通しに変更はありませんが、税金費用の追加発生により、最終的に2013年12月31日を期末とする四半期の当社の一般に認められた会計原則(GAAP)ベースの純利益は2,870万ドル(1株当たり希薄化後0.06ドル)、修正後の2013年通期のGAAPベースの純利益は1億5,080万ドル(1株当たり希薄化後0.33ドル)となります。

以下は、上述の修正を含むものであり、当社が2014年2月6日付けのプレス・リリースで発表した元の決算に置き換わるものです。

2013年第4四半期のハイライトは以下のとおりです。
• 売上高は7億1,800万ドル
• GAAPベースの粗利益率は35.2%
• 非GAAPベースの粗利益率は34.8%
• GAAPベースの一株当たり純利益は0.06ドル
• 非GAAPベースの一株当たり純利益は0.17ドル
• 普通株式830万株の買い戻しで約5900万ドルを計上

2013年度のハイライトは以下のとおりです。
• 売上高は27億8,270万ドル
• 調整後EBITDAは4億6,930万ドル
• GAAPベースの一株当たり純利益は0.33ドル
• 非GAAPベースの一株当たり純利益は0.56ドル
• 普通株式1,390万株の買い戻しで約1億100万ドルを計上

2013年第4四半期および2013年度通期の決算リリースはこちらから、ご参照いただけます。 2013年第4四半期および2013年度通期の決算概況の詳細につきましては、下記からご参照いただけます。

FINANCIALS

この資料には、1995年米国私募証券訴訟改革法の意義の範囲内における「将来の見通しに関する記述」が含まれています。記載内容のうち歴史的事実を除くすべての記述は、将来の見通しに関する記述であり、特にオン・セミコンダクターの将来の財務業績に関する記述がこれに該当します。これらの将来の見通しに関する記述は、しばしば「確信しています」「予測します」「推測します」「見込みです」「可能性があります」「予定です」「つもりです」「計画しています」「すべきです」「予期しています」といった予測的な単語を伴う記述や、戦略、計画、意図に関する記述で表現されます。こうした将来の見通しに関する記述は、この資料の発行日において当社が知り得た情報および現在の見込み、予測、仮定に基づくもので、リスク、不確実性、その他の要因を含んでいるため、実際の結果は、将来の見通しに関する記述に示している業績と大きく異なる可能性があります。このような要素としては、当社の収益や業績、経済状況および市況(現在の財務状況を含む)の悪化、為替レート変動の影響、半導体産業の周期性、当社の製品に対する要素の変化、当社の顧客および代理店の在庫の変化、技術および製品の開発リスク、当社の知的所有権の実施と保護および関連リスク、原料の入手可能性、電気・ガス・水・その他のサプライ・チェーンの不確実性、当社顧客、重要の多様化および半導体製品における急激な価格変動に対する供給継続性を維持するために必要に応じて他の施設に製造を効率的に移行する当社の能力、既存製品のコスト効果と品質維持のもとでの増産についての能力、競合製品の発表による悪影響を含む競合他社の行動、価格および粗利益率の圧力、重要な顧客の喪失、注文の取り消しや予約注文の縮小、製造歩留まりの変化、コストと支出の抑制および再編と相乗効果によるコスト削減の達成(三洋半導体製品グループにおける希望退職プログラムやグローバル規模での人員削減を含む)、重要な訴訟、将来のニーズ用としての現金ではなく負債前払い、株式の買い戻しあるいは買収のような様々な用途のための現金準備高を消費するためのリスク、買収および譲渡(統合、買収したビジネスに関し証券取引委員会(SEC)とともに適時にファイルする財務情報、買収したビジネスの将来の財務実績を正確に予測する際に遭遇する困難を含む)に関するリスク、当社のその時々の債務決定における実質的レバレッジおよび制限約款に関連するリスク、海外での雇用および労働組合や団体交渉協約に関連する労働問題を含む、国際的経営活動そして当社の経営や金融/財務に影響を及ぼす人災やタイの洪水、日本の地震や津波のような自然災害に関連するリスク、国際的武力紛争や米国内外におけるテロ活動の脅威または発生、企業統治および情報公開基準の新しい規制に関連するリスクやコスト、新しい法的要件および環境またはその他の行政法規制に関するリスクがあります。将来の見通しに関する記述が実際の業績と大きく異なり得る他の要素に関する情報は、証券取引委員会に提出済みのオン・セミコンダクターの2013年2月26日にSECファイリングしたForm 10-K(年次報告書)、Form 10-Q(四半期報告書)、Form 8-K(最新報告書)、およびその他のSECファイリングに記載されています。これらのトレンド・リスク、または不確実性が実際に起こるか継続する場合は、当社の事業、財務状況、または業績が大きな影響を受ける可能性があり、当社株の株価が下落し、投資家が投資額の全額または一部を失う可能性があります。将来の見通しに関する記述に過度の信頼を置かないよう、ご注意ください。これらの将来の見通しに関する記述は、今後の任意の日付における当社の見解を表すものです。また当社はこれらの記述を作成日以降の出来事や状況を反映して更新する、いかなる義務も負わないものとします。

Category: 業界ニュース  | Comments off
• 木曜日, 2月 20th, 2014
Category: 業界ニュース  | Comments off
• 木曜日, 2月 20th, 2014
Category: 業界ニュース  | Comments off
• 木曜日, 2月 20th, 2014
Category: 業界ニュース  | Comments off
• 木曜日, 2月 20th, 2014
Category: 業界ニュース  | Comments off