Archive for ◊ 10月, 2014 ◊

• 金曜日, 10月 31st, 2014
Category: 業界ニュース  | Comments off
• 金曜日, 10月 31st, 2014
Category: 業界ニュース  | Comments off
• 金曜日, 10月 31st, 2014
Category: 業界ニュース  | Comments off
• 金曜日, 10月 31st, 2014
Category: 業界ニュース  | Comments off
• 金曜日, 10月 31st, 2014
Category: 業界ニュース  | Comments off
• 金曜日, 10月 31st, 2014
Category: 業界ニュース  | Comments off
• 金曜日, 10月 31st, 2014

2014年第3四半期のハイライトは以下のとおりです:
• 売上高は8億3,350万ドル
• GAAPベースの粗利益率は34.1パーセント
• 非GAAPベースの粗利益率は35.6パーセント
• GAAPベースの一株当たり純利益は0.09ドル
• 非GAAPベースの一株当たり純利益は0.21ドル
• アプティナ・イメージング社の買収を完了

高効率エネルギーへのイノベーションを推進するオン・セミコンダクター・コーポレーション (本社 米国アリゾナ州フェニックス、Nasdaq: ONNN)は2014年10月30日(米国時間)、2014年第3四半期の売上高が前期比で約10%増の8億3,350万ドルになったことを発表しました。また、2014年第3四半期のGAAPベースの純利益は4,160万ドル(一株当たり0.09ドル)でした。2014年第3四半期のGAAPベースの純利益は、特別項目の約5,160万ドルの影響を受けました。特別項目の詳細は別紙明細に記載されています。2014年第3四半期の結果には、2014年8月15日に完了したアプティナ・イメージング社の買収による貢献が含まれています。

2014年第3四半期の非GAAPベースの純利益は、2014年第2四半期の純利益8,970万ドル(希薄化後一株当たり利益は0.20ドル)に対し、9,320万ドル(希薄化後一株当たり利益は0.21ドル)でした。米国GAAPに従って作成された会社の直接比較可能な財務指標に対する、これら非GAAPベースの財務指標の調整(および、このリリースの他の箇所で使用されているその他の非GAAPベースの財務指標の調整)については、別紙明細および当社ウェブサイト(http://www.onsemi.com)に掲載されています。また、エンドマーケットごと、地域ごと、販売チャネルごと、およびビジネス・ユニットごとの売上額は当社ウェブサイトの「投資家」セクションに掲載されています。

オン・セミコンダクターの調整後ベースにおける2014年第3四半期の平均販売価格は、2014年第2四半期に比べ約2%の低下となりました。第3四半期の会社全体のGAAPベースの粗利益率は34.1パーセントで、非GAAPベースの粗利益率は35.6パーセントでした。第3四半期のGAAPベースの営業利益率は6.9パーセント、非GAAPベースの営業利益率は13.0パーセントでした。

2014年第3四半期の調整後EBITDAは1億5,780万ドルでした。2014年第2四半期の調整後EBITDAは1億4,650万ドルでした。

オン・セミコンダクターの社長兼CEOのキース・ジャクソン(Keith Jackson)は次のように語っています。「第3四半期の結果と第4四半期の見通しは、特定の地域とエンド市場に起因する受注鈍化の影響を受けました。しかしながら過去数週間において2015年上期の出荷に向けて受注は回復しています。最近の受注の鈍化にもかかわらず、車載、産業機器、スマートフォンのエンド市場における当社のデザイン・ウィンの勢いは力強く、引き続きこれらの市場における長期的傾向から利益を獲得できる位置につけています」

「最近のトゥルーセンス・イメージング社とアプティナ・イメージング社の買収に際し予想を超えるお客様の反応を頂きました。これらの買収は、統合した会社としての極めて大きな新しいビジネスの機会を創造しています。当社はこの買収による、特に産業機器と車載のエンド市場における将来性についてますます明るい見通しを持っています」

FINANCIALS

2014年第4四半期の見通し
キース・ジャクソンはさらに次のように述べています。「当社は、受注トレンド、受注残水準、予想在庫回転率に基づき、2014年第4四半期の売上高が約8億3,500万ドル~8億7,500万ドルになると予測しています。2014年第4四半期の受注残レベルは、当社の2014年第4四半期の予測売上高の約80~85パーセントとなっています。2014年第4四半期の平均販売価格は、2014年第3四半期と比べて約1~2パーセント減の見込みです。2014年の第4四半期の見通しには、約1,100万ドルから1,300万ドルの株式報酬費用が含まれます」

以下の表は、オン・セミコンダクターの2014年第4四半期のGAAPおよび非GAAPベースの業績見通しを示したものです。

Q4.14 Business Outlook table

* 転換社債、非現金支払利息費用は、FASBの財務会計基準書(“ASC”) Topic 470: Debtに従います。

** 希薄化後株数はオプションまたは受給制限付き株式の実際の行使数、会社の転換可能上位劣後債全体から生じる希薄化株式の増加、ならびに株式または転換社債の買い戻しや発行、または自社株式の売却により、特に変動する可能性があります。

*** 特別項目に含まれるもの: 無形固定資産償却費、買収関連費用償却費、公正価値在庫評価額の増加費用、在庫評価調整、購入した仕掛りの研究開発費、構造改革、評価損およびその他の費用、純額、営業権の減損費用、債務の期限前償還に伴う収益および損失、非現金支払利息費用、関連税効果、税金費用の概算に伴う法人税の調整、および必要に応じた他の特別項目。

**** レギュレーションGおよび証券取引法の他の規定は、GAAP(一般に構成妥当と認められた会計原則)に準拠して作成されていない財務指標の利用を規制しています。これらの非GAAP指標が投資家に対する重要な補足情報を提供すると当社は考えています。当社は、社内の経営管理目的および期間比較の評価尺度として、GAAPベースの指標とこれらの指標を併せて使用しています。とはいえ、当社のパフォーマンス指標として非GAAPベースの財務指標のみに依存すべきではありません。GAAPベースの決算と当社のリリースに記載する関連GAAPベースの財務指標への調整を併用すれば、非GAAPベースの財務諸表が当社事業の局面を考察する新たな方法になり、また当社事業へ影響を与える要因とトレンドについての総合的な理解を与えると当社は考えています。非GAAPベースの財務諸表は標準化されていないため、類似企業であっても、これらの財務諸表を他の企業の非GAAPベースの財務諸表と比較することは不可能かもしれません。

カンファレンスコール
オン・セミコンダクターは、2014年10月30日午後5時(東部夏時間)に、この発表とオン・セミコンダクターの2014年第3四半期の実績についての金融業界向けカンファレンスコールを開催します。当社ウェブサイトhttp://www.onsemi.jp の「投資家」ページにて、カンファレンスコールのリアルタイム・オーディオ放送も提供いたします。また、ライブ放送の約1時間後から約30日の期間、ダイヤルインによる再放送を提供します。投資家およびご関心のある方々は、(888) 291-2604(米国/カナダ)または(760) 536-5202(米国/カナダ以外)をダイヤルしてアクセスできます。このカンファレンスコールに参加する際に、カンファレンス ID ナンバー(4360192)を入力してください。

# # # This document contains forward-looking statements within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. All statements, other than statements of historical facts, included or incorporated in this document could be deemed forward-looking statements, particularly statements about the future financial performance of ON Semiconductor. These forward-looking statements are often characterized by the use of words such as “believes,” “estimates,” “expects,” “projects,” “may,” “will,” “intends,” “plans,” "should," or “anticipates,” or by discussions of strategy, plans or intentions. All forward-looking statements in this document are made based on our current expectations, forecasts, estimates and assumptions, and involve risks, uncertainties and other factors that could cause results or events to differ materially from those expressed in the forward-looking statements. Among these factors are our revenues and operating performance, poor economic conditions and markets (including current financial conditions), effects of exchange rate fluctuations, the cyclical nature of the semiconductor industry, changes in demand for our products, changes in inventories at our customers and distributors, technological and product development risks, enforcement and protection of our intellectual property rights and related risks, risks related to the security of our information systems and secured network, availability of raw materials, electricity, gas, water and other supply chain uncertainties, our ability to effectively shift production to other facilities when required in order to maintain supply continuity for our customers, variable demand and the aggressive pricing environment for semiconductor products, our ability to successfully manufacture in increasing volumes on a cost-effective basis and with acceptable quality for our current products, competitor actions including the adverse impact of competitor product announcements, pricing and gross profit pressures, loss of key customers, order cancellations or reduced bookings, changes in manufacturing yields, control of costs and expenses and realization of cost savings and synergies from restructuring activities, significant litigation, risks associated with decisions to expend cash reserves for various uses such as debt prepayment, stock repurchases or acquisitions rather than to retain such cash for future needs, risks associated with acquisitions and dispositions (including from integrating and consolidating and timely filing financial information with the Securities and Exchange Commission ("SEC") for acquired businesses and difficulties encountered in accurately predicting the future financial performance of acquired businesses), risks associated with our substantial leverage and restrictive covenants in our debt agreements that may be in place from time to time, risks associated with our worldwide operations, including foreign employment and labor matters associated with unions and collective bargaining arrangements, as well as man-made and/or natural disasters affecting our operations and finances/financials, the threat or occurrence of international armed conflict and terrorist activities both in the United States and internationally, risks and costs associated with increased and new regulation of corporate governance and disclosure standards, risks related to new legal requirements and risks involving environmental or other governmental regulation. Additional factors that could cause results to differ materially from those projected in the forward-looking statements are contained in ON Semiconductor's 2013 Annual Report on Form 10-K filed with the SEC on February 21, 2014 ("2013 Form 10-K"), Quarterly Reports on Form 10-Q, Current Reports on Form 8-K and other of our filings with the SEC. You should carefully consider the trends, risks and uncertainties described in this document, the 2013 Form 10-K and other reports filed with or furnished to the SEC before making any investment decision with respect to our securities. If any of these trends, risks or uncertainties actually occurs or continues, our business, financial condition or operating results could be materially adversely affected, the trading prices of our securities could decline, and you could lose all or part of your investment. Readers are cautioned not to place undue reliance on forward-looking statements. We assume no obligation to update such information. All forward-looking statements attributable to us or persons acting on our behalf are expressly qualified in their entirety by this cautionary statement.

Category: 業界ニュース  | Comments off
• 金曜日, 10月 31st, 2014

2014年第3四半期のハイライトは以下のとおりです:
• 売上高は8億3,350万ドル
• GAAPベースの粗利益率は34.1パーセント
• 非GAAPベースの粗利益率は35.6パーセント
• GAAPベースの一株当たり純利益は0.09ドル
• 非GAAPベースの一株当たり純利益は0.21ドル
• アプティナ・イメージング社の買収を完了

高効率エネルギーへのイノベーションを推進するオン・セミコンダクター・コーポレーション (本社 米国アリゾナ州フェニックス、Nasdaq: ONNN)は2014年10月30日(米国時間)、2014年第3四半期の売上高が前期比で約10%増の8億3,350万ドルになったことを発表しました。また、2014年第3四半期のGAAPベースの純利益は4,160万ドル(一株当たり0.09ドル)でした。2014年第3四半期のGAAPベースの純利益は、特別項目の約5,160万ドルの影響を受けました。特別項目の詳細は別紙明細に記載されています。2014年第3四半期の結果には、2014年8月15日に完了したアプティナ・イメージング社の買収による貢献が含まれています。

2014年第3四半期の非GAAPベースの純利益は、2014年第2四半期の純利益8,970万ドル(希薄化後一株当たり利益は0.20ドル)に対し、9,320万ドル(希薄化後一株当たり利益は0.21ドル)でした。米国GAAPに従って作成された会社の直接比較可能な財務指標に対する、これら非GAAPベースの財務指標の調整(および、このリリースの他の箇所で使用されているその他の非GAAPベースの財務指標の調整)については、別紙明細および当社ウェブサイト(http://www.onsemi.com)に掲載されています。また、エンドマーケットごと、地域ごと、販売チャネルごと、およびビジネス・ユニットごとの売上額は当社ウェブサイトの「投資家」セクションに掲載されています。

オン・セミコンダクターの調整後ベースにおける2014年第3四半期の平均販売価格は、2014年第2四半期に比べ約2%の低下となりました。第3四半期の会社全体のGAAPベースの粗利益率は34.1パーセントで、非GAAPベースの粗利益率は35.6パーセントでした。第3四半期のGAAPベースの営業利益率は6.9パーセント、非GAAPベースの営業利益率は13.0パーセントでした。

2014年第3四半期の調整後EBITDAは1億5,780万ドルでした。2014年第2四半期の調整後EBITDAは1億4,650万ドルでした。

オン・セミコンダクターの社長兼CEOのキース・ジャクソン(Keith Jackson)は次のように語っています。「第3四半期の結果と第4四半期の見通しは、特定の地域とエンド市場に起因する受注鈍化の影響を受けました。しかしながら過去数週間において2015年上期の出荷に向けて受注は回復しています。最近の受注の鈍化にもかかわらず、車載、産業機器、スマートフォンのエンド市場における当社のデザイン・ウィンの勢いは力強く、引き続きこれらの市場における長期的傾向から利益を獲得できる位置につけています」

「最近のトゥルーセンス・イメージング社とアプティナ・イメージング社の買収に際し予想を超えるお客様の反応を頂きました。これらの買収は、統合した会社としての極めて大きな新しいビジネスの機会を創造しています。当社はこの買収による、特に産業機器と車載のエンド市場における将来性についてますます明るい見通しを持っています」

FINANCIALS

2014年第4四半期の見通し
キース・ジャクソンはさらに次のように述べています。「当社は、受注トレンド、受注残水準、予想在庫回転率に基づき、2014年第4四半期の売上高が約8億3,500万ドル~8億7,500万ドルになると予測しています。2014年第4四半期の受注残レベルは、当社の2014年第4四半期の予測売上高の約80~85パーセントとなっています。2014年第4四半期の平均販売価格は、2014年第3四半期と比べて約1~2パーセント減の見込みです。2014年の第4四半期の見通しには、約1,100万ドルから1,300万ドルの株式報酬費用が含まれます」

以下の表は、オン・セミコンダクターの2014年第4四半期のGAAPおよび非GAAPベースの業績見通しを示したものです。

Q4.14 Business Outlook table

* 転換社債、非現金支払利息費用は、FASBの財務会計基準書(“ASC”) Topic 470: Debtに従います。

** 希薄化後株数はオプションまたは受給制限付き株式の実際の行使数、会社の転換可能上位劣後債全体から生じる希薄化株式の増加、ならびに株式または転換社債の買い戻しや発行、または自社株式の売却により、特に変動する可能性があります。

*** 特別項目に含まれるもの: 無形固定資産償却費、買収関連費用償却費、公正価値在庫評価額の増加費用、在庫評価調整、購入した仕掛りの研究開発費、構造改革、評価損およびその他の費用、純額、営業権の減損費用、債務の期限前償還に伴う収益および損失、非現金支払利息費用、関連税効果、税金費用の概算に伴う法人税の調整、および必要に応じた他の特別項目。

**** レギュレーションGおよび証券取引法の他の規定は、GAAP(一般に構成妥当と認められた会計原則)に準拠して作成されていない財務指標の利用を規制しています。これらの非GAAP指標が投資家に対する重要な補足情報を提供すると当社は考えています。当社は、社内の経営管理目的および期間比較の評価尺度として、GAAPベースの指標とこれらの指標を併せて使用しています。とはいえ、当社のパフォーマンス指標として非GAAPベースの財務指標のみに依存すべきではありません。GAAPベースの決算と当社のリリースに記載する関連GAAPベースの財務指標への調整を併用すれば、非GAAPベースの財務諸表が当社事業の局面を考察する新たな方法になり、また当社事業へ影響を与える要因とトレンドについての総合的な理解を与えると当社は考えています。非GAAPベースの財務諸表は標準化されていないため、類似企業であっても、これらの財務諸表を他の企業の非GAAPベースの財務諸表と比較することは不可能かもしれません。

カンファレンスコール
オン・セミコンダクターは、2014年10月30日午後5時(東部夏時間)に、この発表とオン・セミコンダクターの2014年第3四半期の実績についての金融業界向けカンファレンスコールを開催します。当社ウェブサイトhttp://www.onsemi.jp の「投資家」ページにて、カンファレンスコールのリアルタイム・オーディオ放送も提供いたします。また、ライブ放送の約1時間後から約30日の期間、ダイヤルインによる再放送を提供します。投資家およびご関心のある方々は、(888) 291-2604(米国/カナダ)または(760) 536-5202(米国/カナダ以外)をダイヤルしてアクセスできます。このカンファレンスコールに参加する際に、カンファレンス ID ナンバー(4360192)を入力してください。

# # # This document contains forward-looking statements within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. All statements, other than statements of historical facts, included or incorporated in this document could be deemed forward-looking statements, particularly statements about the future financial performance of ON Semiconductor. These forward-looking statements are often characterized by the use of words such as “believes,” “estimates,” “expects,” “projects,” “may,” “will,” “intends,” “plans,” "should," or “anticipates,” or by discussions of strategy, plans or intentions. All forward-looking statements in this document are made based on our current expectations, forecasts, estimates and assumptions, and involve risks, uncertainties and other factors that could cause results or events to differ materially from those expressed in the forward-looking statements. Among these factors are our revenues and operating performance, poor economic conditions and markets (including current financial conditions), effects of exchange rate fluctuations, the cyclical nature of the semiconductor industry, changes in demand for our products, changes in inventories at our customers and distributors, technological and product development risks, enforcement and protection of our intellectual property rights and related risks, risks related to the security of our information systems and secured network, availability of raw materials, electricity, gas, water and other supply chain uncertainties, our ability to effectively shift production to other facilities when required in order to maintain supply continuity for our customers, variable demand and the aggressive pricing environment for semiconductor products, our ability to successfully manufacture in increasing volumes on a cost-effective basis and with acceptable quality for our current products, competitor actions including the adverse impact of competitor product announcements, pricing and gross profit pressures, loss of key customers, order cancellations or reduced bookings, changes in manufacturing yields, control of costs and expenses and realization of cost savings and synergies from restructuring activities, significant litigation, risks associated with decisions to expend cash reserves for various uses such as debt prepayment, stock repurchases or acquisitions rather than to retain such cash for future needs, risks associated with acquisitions and dispositions (including from integrating and consolidating and timely filing financial information with the Securities and Exchange Commission ("SEC") for acquired businesses and difficulties encountered in accurately predicting the future financial performance of acquired businesses), risks associated with our substantial leverage and restrictive covenants in our debt agreements that may be in place from time to time, risks associated with our worldwide operations, including foreign employment and labor matters associated with unions and collective bargaining arrangements, as well as man-made and/or natural disasters affecting our operations and finances/financials, the threat or occurrence of international armed conflict and terrorist activities both in the United States and internationally, risks and costs associated with increased and new regulation of corporate governance and disclosure standards, risks related to new legal requirements and risks involving environmental or other governmental regulation. Additional factors that could cause results to differ materially from those projected in the forward-looking statements are contained in ON Semiconductor's 2013 Annual Report on Form 10-K filed with the SEC on February 21, 2014 ("2013 Form 10-K"), Quarterly Reports on Form 10-Q, Current Reports on Form 8-K and other of our filings with the SEC. You should carefully consider the trends, risks and uncertainties described in this document, the 2013 Form 10-K and other reports filed with or furnished to the SEC before making any investment decision with respect to our securities. If any of these trends, risks or uncertainties actually occurs or continues, our business, financial condition or operating results could be materially adversely affected, the trading prices of our securities could decline, and you could lose all or part of your investment. Readers are cautioned not to place undue reliance on forward-looking statements. We assume no obligation to update such information. All forward-looking statements attributable to us or persons acting on our behalf are expressly qualified in their entirety by this cautionary statement.

Category: 業界ニュース  | Comments off
• 木曜日, 10月 30th, 2014
低消費電力アプリケーション向けに信号計測感度を改善する設定可能アナログ・フィルタ付き同期式復調器「ADA2200」を発表
Category: 業界ニュース  | Comments off
• 木曜日, 10月 30th, 2014
高効率充電式バッテリの製造を最適化する業界初の集積アナログ・コントローラ「AD8450/1」および「ADP1972」を発表
Category: 業界ニュース  | Comments off