Archive for ◊ 11月, 2014 ◊

• 金曜日, 11月 28th, 2014
Category: 業界ニュース  | Comments off
• 木曜日, 11月 27th, 2014
Category: 業界ニュース  | Comments off
• 木曜日, 11月 27th, 2014
Category: 業界ニュース  | Comments off
• 木曜日, 11月 27th, 2014
Category: 業界ニュース  | Comments off
• 木曜日, 11月 27th, 2014
2014年度第4四半期および通年決算を発表
Category: 業界ニュース  | Comments off
Author:
• 木曜日, 11月 27th, 2014
Category: 業界ニュース  | Comments off
• 水曜日, 11月 26th, 2014
Category: 業界ニュース  | Comments off
Author:
• 水曜日, 11月 26th, 2014
Category: 業界ニュース  | Comments off
• 火曜日, 11月 25th, 2014

高効率エネルギーへのイノベーションを推進するオン・セミコンダクター(Nasdaq: ONNN)は、ポール・マスカレナス(Paul A. Mascarenas)氏の取締役就任を発表しました。さらに取締役会は、マスカレナス氏を同社の科学技術委員に任命しました。

Paul A. Mascarenas

オン・セミコンダクターの取締役会会長のダン・マクレーン(Dan McCranie)は次のように語っています。「ポール・マスカレナス氏という優秀な人材が、当社の取締役会に加わりました。氏は、フォード・モーター・カンパニーにおけるリーダーシップと戦略的プランニングの職務で得た、自動車業界の重大な技術的戦略、プランニングおよび研究開発の経験をもたらしてくれるでしょう。自動車用電子部品は、今もオン・セミコンダクターの重点品目であり、現在、年間売上のおよそ30%を占めています。当社の自動車事業の成長を継続し、世界中のエネルギー効率の高いシステムソリューションの主要なサプライヤーになるというビジョンに向けて取り組む中、マスカレナス氏は取締役会にとって貴重な一員となります」

ポール・マスカレナス氏は、2011年1月1日から2014年9月30日まで、フォード・モーター・カンパニーの最高技術責任者兼研究および先端エンジニアリング担当副社長を務めました。マスカレナス氏は、同社が擁する世界中の研究組織、および同社の技術的戦略・計画の策定および実行を統括しました。2007年から2010年には同社のエンジニアリング担当副社長を、2005年から2007年には北米自動車プログラム担当副社長を務めています。同氏は1982年のフォード入社以来、在職中、米国とヨーロッパの両方で開発およびエンジニアリング分野のさまざまな職務を歴任しました。英国ロンドン大学のキングスカレッジで機械工学の学士号を取得し、さらに中国・重慶大学の名誉博士号を取得しています。また、現在FISITA(The International Federation of Automotive Engineering Societies)の会長も務めています。

Category: 業界ニュース  | Comments off
• 火曜日, 11月 25th, 2014

高効率エネルギーへのイノベーションを推進するオン・セミコンダクター(Nasdaq: ONNN)は、ポール・マスカレナス(Paul A. Mascarenas)氏の取締役就任を発表しました。さらに取締役会は、マスカレナス氏を同社の科学技術委員に任命しました。

Paul A. Mascarenas

オン・セミコンダクターの取締役会会長のダン・マクレーン(Dan McCranie)は次のように語っています。「ポール・マスカレナス氏という優秀な人材が、当社の取締役会に加わりました。氏は、フォード・モーター・カンパニーにおけるリーダーシップと戦略的プランニングの職務で得た、自動車業界の重大な技術的戦略、プランニングおよび研究開発の経験をもたらしてくれるでしょう。自動車用電子部品は、今もオン・セミコンダクターの重点品目であり、現在、年間売上のおよそ30%を占めています。当社の自動車事業の成長を継続し、世界中のエネルギー効率の高いシステムソリューションの主要なサプライヤーになるというビジョンに向けて取り組む中、マスカレナス氏は取締役会にとって貴重な一員となります」

ポール・マスカレナス氏は、2011年1月1日から2014年9月30日まで、フォード・モーター・カンパニーの最高技術責任者兼研究および先端エンジニアリング担当副社長を務めました。マスカレナス氏は、同社が擁する世界中の研究組織、および同社の技術的戦略・計画の策定および実行を統括しました。2007年から2010年には同社のエンジニアリング担当副社長を、2005年から2007年には北米自動車プログラム担当副社長を務めています。同氏は1982年のフォード入社以来、在職中、米国とヨーロッパの両方で開発およびエンジニアリング分野のさまざまな職務を歴任しました。英国ロンドン大学のキングスカレッジで機械工学の学士号を取得し、さらに中国・重慶大学の名誉博士号を取得しています。また、現在FISITA(The International Federation of Automotive Engineering Societies)の会長も務めています。

Category: 業界ニュース  | Comments off