Archive for ◊ 7月, 2018 ◊

• 火曜日, 7月 31st, 2018

弊社は、2018年7月31日をもって、製品保証規定を改定いたします。
新しい規定では、従来通り「製品本体の1年間の無償交換保証」の原則はそのままに、量産対応のオプション品にも同様の交換保証をご提供できるよう、適用範囲を拡大いたします。

新しい保証規程は2018年7月31日より運用を開始いたします。
詳細は「ユーザーズサイト」でご覧いただけますので、下記よりご確認ください。

Category: 業界ニュース  | Comments off
• 火曜日, 7月 31st, 2018

弊社は、2018年7月31日をもって、製品保証規定を改定いたします。
新しい規定では、従来通り「製品本体の1年間の無償交換保証」の原則はそのままに、量産対応のオプション品にも同様の交換保証をご提供できるよう、適用範囲を拡大いたします。

新しい保証規程は2018年7月31日より運用を開始いたします。
詳細は「ユーザーズサイト」でご覧いただけますので、下記よりご確認ください。

Category: 業界ニュース  | Comments off
• 火曜日, 7月 31st, 2018
「ウェルカムバック制度(再雇用制度)」の受付を開始しました。
Category: 業界ニュース  | Comments off
• 火曜日, 7月 31st, 2018
「ウェルカムバック制度(再雇用制度)」の受付を開始しました。
Category: 業界ニュース  | Comments off
• 月曜日, 7月 30th, 2018

2018年7月30日(米国2018年7月29日発表): 2018年第2四半期のハイライトは以下のとおりです。

  • 売上高は14億5,590万米ドル
  • 粗利益率は38.1%
  • GAAPベースの営業利益率は13.5%、非GAAPベースの営業利益率は16.3%
  • オペレーティング・キャッシュフローは2億6,850万米ドル、フリー・キャッシュフローは1億1,560万米ドル
  • GAAPベースの1株当たり利益は0.35ドル、非GAAPベースの1株当たり利益は0.46ドル

オン・セミコンダクター・コーポレーション(本社 米国アリゾナ州フェニックス、Nasdaq: ON )は2018年4月29日(米国時間)、2018年第2四半期の売上高が前年同期比のGAAPベースの売上高に対して約9%増の14億5,590万米ドルになったことを発表しました。2018年第2四半期の売上高は、前期に対して約6%増でした。

オン・セミコンダクターの社長兼CEOのキース・ジャクソン (Keith Jackson)は次のように述べています。「当社は、第2四半期に高い業績を達成しました。自動車ならびに産業分野において、新興のアプリケーションに対する重要な技術を提供するために当社への期待が高まっていることにより、当社製品に対する需要がますます上向いています。 新製品のパイプライン、ならびにお客様とのエンゲージメントの強化により、この市場の破壊的トレンドの恩恵を受ける良い状況にあります。 当社は、強力な収益成長に加えて、引き続き堅調な利益率の拡大を続けることで、当社の事業モデルのレバレッジを示してまいります。

当社は、長期的な見通しについてますます楽観視しており、収益の勢いを維持し、業界をリードするコスト構造をさらに強化するために、製造インフラへの慎重な投資を行っています」

Q2 2018 Results

* 前期の金額は、ASU 2017-07、つまり「純期間年金費用および正味期間後退職給付費用の表示の改善」(以下「ASU 2017-07」)の遡及的適用のために調整されています。ASU 2017-07に基づき、サービス費用は営業利益に含まれ、その他の要素は営業利益外として計上されます。 この基準の適用は、当期財務諸表および前期財務諸表に重要な影響を及ぼしませんでした。


2018年第3四半期の見通し

当社は製品の受注動向、受注残の状況、ターンズ状況の推定に基づき、2018年の第3四半期の総売上高を約14億8,500万米ドル~15億3,500万米ドルになると予測しています。2018年の第3四半期の見通しには、予想される株式ベースの報酬費用の約1900万米ドル〜2100万米ドルを含んでいます。 法人所得税に支払われる正味現金は、1,100万米ドルから1,500百万米ドルと予想しています。

以下の表は、オン・セミコンダクターの2018年第1四半期のGAAPおよび非GAAPベースの業績見通しを、示したものです。


Q3 2018 Outlook


2018年第1四半期の決算概況の詳細につきましては、以下のリンクからご参照いただけます。

FINANCIALS

* 転換社債、非現金支払利息費用は、FASBのAccounting Standards Codification Topic 470: Debtに従います。

** 希薄化後株数はオプションまたは受給制限付き株式の実際の行使数、会社の転換可能上位劣後債全体から生じる希薄化株式の増加、ならびに株式または転換社債の買い戻しや発行、または自社株式の売却により、特に変動する可能性があります。四半期平均株価が18.50ドルを超える場合、非GAAP希薄化株数および非GAAP1株当たり純利益は、1.00% 転換社債と同時に発行された、当社のヘッジ・トランザクションの逆希薄効果の影響を含みます。そのため、1株あたりの平均株価は18.50ドルから25.96 ドルの間で、ヘッジ活動は1.00%の転換社債の潜在的な希薄化効果を相殺します。1株当たり四半期平均株価が 20.72ドルを超える期間に、非GAAP希薄化後株式数および非GAAP純利益は、転換社債1.625%と同時に発行された当社のヘッジ取引の非希薄化効果を含んでいます。 そのため、1株当たりの平均株価は20.72ドルから30.70ドルで、ヘッジ活動は潜在的に1.625%の転換社債の希薄化効果を相殺します。 GAAPおよび非GAAP希薄化後株式数は、当社の2018年7月29日時点の株価に基づいています。

*** 特別項目に含まれるもの: 無形固定資産償却費、買収関連費用償却費、公正価値在庫評価額の増加費用、在庫評価調整、購入した仕掛りの研究開発費、構造改革、評価損およびその他の費用、純額、営業権の減損費用、債務の期限前償還に伴う収益および損失、非現金支払利息費用、関連税効果、税金費用の概算に伴う法人税の調整、および必要に応じた他の特別項目。これらの特別項目は、当社の管理外であり、期間ごとに大幅に変更される可能性があります。その結果、これらの特別項目の個別の影響または考えうる重要性を合理的に見積もり、個別に提示することはできません。また同様に、当社は非GAAP指標の調整を行うことはできません。 入手不可能な調整には、将来の損益計算書、貸借対照表およびGAAPに準拠したキャッシュフロー計算書が含まれます。この理由により、非GAAP営業予算見通しの予測を算出するために、特別項目の総額の予想範囲を使用しています。

**** 当社は、これらの非GAAP指標が投資家に対する重要な補足情報を提供すると考えています。当社は、社内の経営管理目的および期間比較の評価尺度として、GAAPベースの指標とこれらの指標を併せて使用しています。とはいえ、当社のパフォーマンス指標として非GAAPベースの財務指標のみに依存すべきではありません。GAAPベースの決算と当社のリリースに記載する関連GAAPベースの財務指標への調整を併用すれば、非GAAPベースの財務諸表が当社事業の局面を考察する新たな方法になり、また当社事業へ影響を与える要因とトレンドについての総合的な理解を与えると当社は考えています。非GAAPベースの財務諸表は標準化されていないため、類似企業であっても、これらの財務諸表を他の企業の非GAAPベースの財務諸表と比較することは不可能かもしれません。


カンファレンスコール

オン・セミコンダクターは、米国東部夏時間の2018年7月30日午前9時(日本時間の同日午後10時)に、この発表とオン・セミコンダクターの2018年第2四半期の決算について金融業界向けカンファレンスコールを開催します。当社ウェブサイト http://www.onsemi.jp の「投資家」ページにて、カンファレンスコールのリアルタイム・オーディオ放送も提供いたします。また、ライブ放送の約1時間後から約30日の期間、ダイヤルインによる再放送を提供します。投資家およびご関心のある方々は、(877) 356-3762(米国/カナダ)または(262) 558-6155(米国/カナダ以外)をダイヤルしてアクセスできます。このカンファレンスコールに参加する際に、カンファレンス ID ナンバー(6190767)を入力してください。

This document contains "forward-looking statements," as that term is defined in Section 27A of the Securities Act of 1933, as amended, and Section 21E of the Securities Exchange Act of 1934, as amended. All statements, other than statements of historical facts, included or incorporated in this document could be deemed forward-looking statements, particularly statements about the future financial performance of ON Semiconductor, including financial guidance for the year ending December 31, 2018. Forward-looking statements are often characterized by the use of words such as "believes," "estimates," "expects," "projects," "may," "will," "intends," "plans" or "anticipates" or by discussions of strategy, plans or intentions. All forward-looking statements in this document are made based on our current expectations, forecasts, estimates and assumptions and involve risks, uncertainties and other factors that could cause results or events to differ materially from those expressed in the forward-looking statements. These factors include, among other things: our revenue and operating performance; economic conditions and markets (including current financial conditions); risks related to our ability to meet our assumptions regarding outlook for revenue and gross margin as a percentage of revenue; effects of exchange rate fluctuations; the cyclical nature of the semiconductor industry; changes in demand for our products; changes in inventories at our customers and distributors; technological and product development risks; enforcement and protection of our intellectual property rights and related risks; risks related to the security of our information systems and secured network; availability of raw materials, electricity, gas, water and other supply chain uncertainties; our ability to effectively shift production to other facilities when required in order to maintain supply continuity for our customers; variable demand and the aggressive pricing environment for semiconductor products; our ability to successfully manufacture in increasing volumes on a cost-effective basis and with acceptable quality for our current products; risks associated with our acquisition of Fairchild Semiconductor International, Inc. and with other acquisitions and dispositions, including our ability to realize the anticipated benefits of our acquisitions and dispositions; risks that acquisitions or dispositions may disrupt our current plans and operations, the risk of unexpected costs, charges or expenses resulting from acquisitions or dispositions and difficulties arising from integrating and consolidating acquired businesses, our timely filing of financial information with the Securities and Exchange Commission ("SEC") for acquired businesses and our ability to accurately predict the future financial performance of acquired businesses); competitor actions, including the adverse impact of competitor product announcements; pricing and gross profit pressures; loss of key customers; order cancellations or reduced bookings; changes in manufacturing yields; control of costs and expenses and realization of cost savings and synergies from restructurings; significant litigation; risks associated with decisions to expend cash reserves for various uses in accordance with our capital allocation policy such as debt prepayment, stock repurchases or acquisitions rather than to retain such cash for future needs; risks associated with our substantial leverage and restrictive covenants in our debt agreements that may be in place from time to time; risks associated with our worldwide operations, including changes in trade policies, foreign employment and labor matters associated with unions and collective bargaining arrangements as well as man-made and/or natural disasters affecting our operations or financial results; the threat or occurrence of international armed conflict and terrorist activities both in the United States and internationally; risks of changes in U.S. or international tax rates or legislation, including the impact of the recent U.S. tax legislation; risks and costs associated with increased and new regulation of corporate governance and disclosure standards; risks related to new legal requirements; and risks involving environmental or other governmental regulation. Additional factors that could affect our future results or events are described under Part I, Item 1A "Risk Factors" in our 2017 Annual Report on Form 10-K filed with the SEC on February 21, 2018 (our "2017 Form 10-K"), Part II, Item IA "Risk Factors" in our Form 10-Q for the quarter ended March 30, 2018 (our "First Quarter 10-Q") and our Form 10-Q for the quarter ended June 29, 2018 (our "Second Quarter 10-Q") and from time-to-time in our other SEC reports. Readers are cautioned not to place undue reliance on forward-looking statements. We assume no obligation to update such information, except as may be required by law. You should carefully consider the trends, risks and uncertainties described in this document, our 2017 Form 10-K, our First Quarter 10-Q, our Second Quarter 10-Q, and other reports filed with or furnished to the SEC before making any investment decision with respect to our securities. If any of these trends, risks or uncertainties actually occurs or continues, our business, financial condition or operating results could be materially adversely affected, the trading prices of our securities could decline and you could lose all or part of your investment. All forward-looking statements attributable to us or persons acting on our behalf are expressly qualified in their entirety by this cautionary statement.

Category: 業界ニュース  | Comments off
• 月曜日, 7月 30th, 2018

2018年7月30日(米国2018年7月29日発表): 2018年第2四半期のハイライトは以下のとおりです。

  • 売上高は14億5,590万米ドル
  • 粗利益率は38.1%
  • GAAPベースの営業利益率は13.5%、非GAAPベースの営業利益率は16.3%
  • オペレーティング・キャッシュフローは2億6,850万米ドル、フリー・キャッシュフローは1億1,560万米ドル
  • GAAPベースの1株当たり利益は0.35ドル、非GAAPベースの1株当たり利益は0.46ドル

オン・セミコンダクター・コーポレーション(本社 米国アリゾナ州フェニックス、Nasdaq: ON )は2018年4月29日(米国時間)、2018年第2四半期の売上高が前年同期比のGAAPベースの売上高に対して約9%増の14億5,590万米ドルになったことを発表しました。2018年第2四半期の売上高は、前期に対して約6%増でした。

オン・セミコンダクターの社長兼CEOのキース・ジャクソン (Keith Jackson)は次のように述べています。「当社は、第2四半期に高い業績を達成しました。自動車ならびに産業分野において、新興のアプリケーションに対する重要な技術を提供するために当社への期待が高まっていることにより、当社製品に対する需要がますます上向いています。 新製品のパイプライン、ならびにお客様とのエンゲージメントの強化により、この市場の破壊的トレンドの恩恵を受ける良い状況にあります。 当社は、強力な収益成長に加えて、引き続き堅調な利益率の拡大を続けることで、当社の事業モデルのレバレッジを示してまいります。

当社は、長期的な見通しについてますます楽観視しており、収益の勢いを維持し、業界をリードするコスト構造をさらに強化するために、製造インフラへの慎重な投資を行っています」

Q2 2018 Results

* 前期の金額は、ASU 2017-07、つまり「純期間年金費用および正味期間後退職給付費用の表示の改善」(以下「ASU 2017-07」)の遡及的適用のために調整されています。ASU 2017-07に基づき、サービス費用は営業利益に含まれ、その他の要素は営業利益外として計上されます。 この基準の適用は、当期財務諸表および前期財務諸表に重要な影響を及ぼしませんでした。


2018年第3四半期の見通し

当社は製品の受注動向、受注残の状況、ターンズ状況の推定に基づき、2018年の第3四半期の総売上高を約14億8,500万米ドル~15億3,500万米ドルになると予測しています。2018年の第3四半期の見通しには、予想される株式ベースの報酬費用の約1900万米ドル〜2100万米ドルを含んでいます。 法人所得税に支払われる正味現金は、1,100万米ドルから1,500百万米ドルと予想しています。

以下の表は、オン・セミコンダクターの2018年第1四半期のGAAPおよび非GAAPベースの業績見通しを、示したものです。


Q3 2018 Outlook


2018年第1四半期の決算概況の詳細につきましては、以下のリンクからご参照いただけます。

FINANCIALS

* 転換社債、非現金支払利息費用は、FASBのAccounting Standards Codification Topic 470: Debtに従います。

** 希薄化後株数はオプションまたは受給制限付き株式の実際の行使数、会社の転換可能上位劣後債全体から生じる希薄化株式の増加、ならびに株式または転換社債の買い戻しや発行、または自社株式の売却により、特に変動する可能性があります。四半期平均株価が18.50ドルを超える場合、非GAAP希薄化株数および非GAAP1株当たり純利益は、1.00% 転換社債と同時に発行された、当社のヘッジ・トランザクションの逆希薄効果の影響を含みます。そのため、1株あたりの平均株価は18.50ドルから25.96 ドルの間で、ヘッジ活動は1.00%の転換社債の潜在的な希薄化効果を相殺します。1株当たり四半期平均株価が 20.72ドルを超える期間に、非GAAP希薄化後株式数および非GAAP純利益は、転換社債1.625%と同時に発行された当社のヘッジ取引の非希薄化効果を含んでいます。 そのため、1株当たりの平均株価は20.72ドルから30.70ドルで、ヘッジ活動は潜在的に1.625%の転換社債の希薄化効果を相殺します。 GAAPおよび非GAAP希薄化後株式数は、当社の2018年7月29日時点の株価に基づいています。

*** 特別項目に含まれるもの: 無形固定資産償却費、買収関連費用償却費、公正価値在庫評価額の増加費用、在庫評価調整、購入した仕掛りの研究開発費、構造改革、評価損およびその他の費用、純額、営業権の減損費用、債務の期限前償還に伴う収益および損失、非現金支払利息費用、関連税効果、税金費用の概算に伴う法人税の調整、および必要に応じた他の特別項目。これらの特別項目は、当社の管理外であり、期間ごとに大幅に変更される可能性があります。その結果、これらの特別項目の個別の影響または考えうる重要性を合理的に見積もり、個別に提示することはできません。また同様に、当社は非GAAP指標の調整を行うことはできません。 入手不可能な調整には、将来の損益計算書、貸借対照表およびGAAPに準拠したキャッシュフロー計算書が含まれます。この理由により、非GAAP営業予算見通しの予測を算出するために、特別項目の総額の予想範囲を使用しています。

**** 当社は、これらの非GAAP指標が投資家に対する重要な補足情報を提供すると考えています。当社は、社内の経営管理目的および期間比較の評価尺度として、GAAPベースの指標とこれらの指標を併せて使用しています。とはいえ、当社のパフォーマンス指標として非GAAPベースの財務指標のみに依存すべきではありません。GAAPベースの決算と当社のリリースに記載する関連GAAPベースの財務指標への調整を併用すれば、非GAAPベースの財務諸表が当社事業の局面を考察する新たな方法になり、また当社事業へ影響を与える要因とトレンドについての総合的な理解を与えると当社は考えています。非GAAPベースの財務諸表は標準化されていないため、類似企業であっても、これらの財務諸表を他の企業の非GAAPベースの財務諸表と比較することは不可能かもしれません。


カンファレンスコール

オン・セミコンダクターは、米国東部夏時間の2018年7月30日午前9時(日本時間の同日午後10時)に、この発表とオン・セミコンダクターの2018年第2四半期の決算について金融業界向けカンファレンスコールを開催します。当社ウェブサイト http://www.onsemi.jp の「投資家」ページにて、カンファレンスコールのリアルタイム・オーディオ放送も提供いたします。また、ライブ放送の約1時間後から約30日の期間、ダイヤルインによる再放送を提供します。投資家およびご関心のある方々は、(877) 356-3762(米国/カナダ)または(262) 558-6155(米国/カナダ以外)をダイヤルしてアクセスできます。このカンファレンスコールに参加する際に、カンファレンス ID ナンバー(6190767)を入力してください。

This document contains "forward-looking statements," as that term is defined in Section 27A of the Securities Act of 1933, as amended, and Section 21E of the Securities Exchange Act of 1934, as amended. All statements, other than statements of historical facts, included or incorporated in this document could be deemed forward-looking statements, particularly statements about the future financial performance of ON Semiconductor, including financial guidance for the year ending December 31, 2018. Forward-looking statements are often characterized by the use of words such as "believes," "estimates," "expects," "projects," "may," "will," "intends," "plans" or "anticipates" or by discussions of strategy, plans or intentions. All forward-looking statements in this document are made based on our current expectations, forecasts, estimates and assumptions and involve risks, uncertainties and other factors that could cause results or events to differ materially from those expressed in the forward-looking statements. These factors include, among other things: our revenue and operating performance; economic conditions and markets (including current financial conditions); risks related to our ability to meet our assumptions regarding outlook for revenue and gross margin as a percentage of revenue; effects of exchange rate fluctuations; the cyclical nature of the semiconductor industry; changes in demand for our products; changes in inventories at our customers and distributors; technological and product development risks; enforcement and protection of our intellectual property rights and related risks; risks related to the security of our information systems and secured network; availability of raw materials, electricity, gas, water and other supply chain uncertainties; our ability to effectively shift production to other facilities when required in order to maintain supply continuity for our customers; variable demand and the aggressive pricing environment for semiconductor products; our ability to successfully manufacture in increasing volumes on a cost-effective basis and with acceptable quality for our current products; risks associated with our acquisition of Fairchild Semiconductor International, Inc. and with other acquisitions and dispositions, including our ability to realize the anticipated benefits of our acquisitions and dispositions; risks that acquisitions or dispositions may disrupt our current plans and operations, the risk of unexpected costs, charges or expenses resulting from acquisitions or dispositions and difficulties arising from integrating and consolidating acquired businesses, our timely filing of financial information with the Securities and Exchange Commission ("SEC") for acquired businesses and our ability to accurately predict the future financial performance of acquired businesses); competitor actions, including the adverse impact of competitor product announcements; pricing and gross profit pressures; loss of key customers; order cancellations or reduced bookings; changes in manufacturing yields; control of costs and expenses and realization of cost savings and synergies from restructurings; significant litigation; risks associated with decisions to expend cash reserves for various uses in accordance with our capital allocation policy such as debt prepayment, stock repurchases or acquisitions rather than to retain such cash for future needs; risks associated with our substantial leverage and restrictive covenants in our debt agreements that may be in place from time to time; risks associated with our worldwide operations, including changes in trade policies, foreign employment and labor matters associated with unions and collective bargaining arrangements as well as man-made and/or natural disasters affecting our operations or financial results; the threat or occurrence of international armed conflict and terrorist activities both in the United States and internationally; risks of changes in U.S. or international tax rates or legislation, including the impact of the recent U.S. tax legislation; risks and costs associated with increased and new regulation of corporate governance and disclosure standards; risks related to new legal requirements; and risks involving environmental or other governmental regulation. Additional factors that could affect our future results or events are described under Part I, Item 1A "Risk Factors" in our 2017 Annual Report on Form 10-K filed with the SEC on February 21, 2018 (our "2017 Form 10-K"), Part II, Item IA "Risk Factors" in our Form 10-Q for the quarter ended March 30, 2018 (our "First Quarter 10-Q") and our Form 10-Q for the quarter ended June 29, 2018 (our "Second Quarter 10-Q") and from time-to-time in our other SEC reports. Readers are cautioned not to place undue reliance on forward-looking statements. We assume no obligation to update such information, except as may be required by law. You should carefully consider the trends, risks and uncertainties described in this document, our 2017 Form 10-K, our First Quarter 10-Q, our Second Quarter 10-Q, and other reports filed with or furnished to the SEC before making any investment decision with respect to our securities. If any of these trends, risks or uncertainties actually occurs or continues, our business, financial condition or operating results could be materially adversely affected, the trading prices of our securities could decline and you could lose all or part of your investment. All forward-looking statements attributable to us or persons acting on our behalf are expressly qualified in their entirety by this cautionary statement.

Category: 業界ニュース  | Comments off
• 月曜日, 7月 30th, 2018

まことに勝手ながら、以下の期間は、一部の部門を除き夏季休業とさせていただきます。
休業期間中に頂戴したお問い合わせへの回答は、原則として8月20日(月)以降に順次 対応させていただきますので、何卒ご了承ください。

● 夏季休業期間

 2018年8月11日(土) ~ 2017年8月19日(日)

・東京営業所および大阪オフィスは2017年8月20日(月)午前9時より通常営業いたします。
・札幌本社および札幌生産センターの一部部門は8月17日(金)も営業いたします(土日祝日は休業となります)。

Category: 業界ニュース  | Comments off
• 月曜日, 7月 30th, 2018

まことに勝手ながら、以下の期間は、一部の部門を除き夏季休業とさせていただきます。
休業期間中に頂戴したお問い合わせへの回答は、原則として8月20日(月)以降に順次 対応させていただきますので、何卒ご了承ください。

● 夏季休業期間

 2018年8月11日(土) ~ 2017年8月19日(日)

・東京営業所および大阪オフィスは2017年8月20日(月)午前9時より通常営業いたします。
・札幌本社および札幌生産センターの一部部門は8月17日(金)も営業いたします(土日祝日は休業となります)。

Category: 業界ニュース  | Comments off
• 月曜日, 7月 30th, 2018

「Armadillo技術相談会」を大阪で開催します。

  • 「Armadilloでこんなシステムを作りたい」
  • 「量産設計でのこんな問題に困っている」

など、Armadilloでの開発・製品化に関する疑問・質問に、アットマークテクノのエンジニア・FAEがその場でおこたえするイベントです。
無料(要事前登録)でお申し込みいただけますので、ぜひこの機会にご参加ください。

日時

2018年 9月 21日(金) 13:00~

以下の時間枠のいずれかを選択いただけます(先着順)。

  • 13:00 ~ 14:00
  • 14:30 ~ 15:30
  • 16:00 ~ 17:00

会場

AP大阪淀屋橋
〒541-0041 大阪市中央区北浜3-2-25 京阪淀屋橋ビル3F(3F-D)
※地下連絡通路17番出口から直結
※地下鉄御堂筋線、「淀屋橋駅」北改札より徒歩約3分、京阪本線「淀屋橋駅」中央改札口より徒歩約2分

Category: 業界ニュース  | Comments off
• 月曜日, 7月 30th, 2018

「Armadillo技術相談会」を大阪で開催します。

  • 「Armadilloでこんなシステムを作りたい」
  • 「量産設計でのこんな問題に困っている」

など、Armadilloでの開発・製品化に関する疑問・質問に、アットマークテクノのエンジニア・FAEがその場でおこたえするイベントです。
無料(要事前登録)でお申し込みいただけますので、ぜひこの機会にご参加ください。

日時

2018年 9月 21日(金) 13:00~

以下の時間枠のいずれかを選択いただけます(先着順)。

  • 13:00 ~ 14:00
  • 14:30 ~ 15:30
  • 16:00 ~ 17:00

会場

AP大阪淀屋橋
〒541-0041 大阪市中央区北浜3-2-25 京阪淀屋橋ビル3F(3F-D)
※地下連絡通路17番出口から直結
※地下鉄御堂筋線、「淀屋橋駅」北改札より徒歩約3分、京阪本線「淀屋橋駅」中央改札口より徒歩約2分

Category: 業界ニュース  | Comments off