コードリーダー バーコードリーダー バーコードスキャナなら株式会社セイデン

バーコードリーダー Barcode Reader

GTINとは?

バーコードリーダー原理の紹介

GTINとは?

GTIN(ジーティン)(Global Trade Item Numberの略)とは、国際的な流通標準化機関のGS1(本部:ベルギー)により標準化された国際標準の商品識別コードの総称のことです。

(1)具体的に国際標準の商品識別コードと呼ばれているものは、現在広く使われているJANコードの13桁や8桁(GTIN-13、GTIN-8)、UPCコードの12桁(GTIN-12)、集合包装用商品コード(GTIN-14)の14桁を対象としています。
流通情報の標準化機関であるGS1は、2005年1月より企業間で取引する場合に使用する商品コードについてGTINを使用するように推進をしています。同年4月、GS1の加盟機関である(財)流通システム開発センター(GS1 Japan)は、日本で円滑にGTIN を導入していくため「GTIN 導入指針」を発表しています。

(2)GTINには、JANコードやUPCコードなどの先頭に“0”を付けて14桁に桁数を揃えて使う場合もあります。
例えば、GS1-128、GS1データバーなどのバーコードシンボルにおいては、アプリケーション識別子としてAI(01)を利用する場合、商品コードは14桁に設定されていますが、この場合は14桁に揃えたGTINを使用することになっています。
また、経済産業省「流通システム標準化事業」では標準EDIとして「流通ビジネスメッセージ標準(略称:流通BMS)」が策定されていますが、ここでも商品コードとしては14桁に揃えたGTINが利用されることになっています。

(3)GTINを導入していくことになると、上記の8桁、12桁、13桁、14桁など異なる桁数の商品コードの最長の桁数は14桁になります。14桁に満たない商品コードは、先頭に「0」を付けて14桁にして利用することになります。(集合包装用商品コード14桁はそのまま14桁で使用します)。
したがって、各社におかれましては、システムを新しく構築したり、改編したりするときには、商品コードの桁数は14桁に設定することをお薦めします。

GTINの原則
GS1では、GTINの基本原理、原則を以下の通り定めています。これは従来から設定されているJANコードの利用ルールとは変わりません。
・ 異なる取引単位(商品・サービス)に対しては、固有に識別、特定が出来るように独立したGTINを設定します。
・ GTINそのものには商品に関する情報は含まれていないため、GTINを設定するブランドオーナー(JAN企業コードを貸与されている企業、人)は自らの責任により、この商品情報を取引先に知らせることが必要です。
・ 一度、設定されたGTINは、仕様が変更されない限り変更することは出来ません。これは商品の継続性を維持するためです。もし、維持されませんと、発注、在庫管理、請求、決済などの円滑な取引活動が出来なくなってしまうからです。

GTINの導入、利用
(1) 「GTINを導入する」、「利用する」とは、国際標準として流通システムの基盤となっている「商品識別コード」を導入、利用する事を意味します。世界中、全ての企業が同じルールでGTINを利用すれば、サプライチェーンの効率化や正確性のメリットが生まれます。また、GTINを利用することは企業責任の観点からも必要となってきます。
(2) ただし、GTINを利用することは、商品に印刷表示しているJANシンボルの桁数13桁 を14桁へ変更することではありません。現在、印刷表示しているシンボルは変更する必要 がありません。

GTIN利用のメリット
企業間取引において、国際的に標準化、統一化された商品コードを使用することにより、いろいろな利用メリットが生まれます。個別の取引先から指定された社内コード(プライベート コード)を利用すると膨大な変換コストがかかってしまいますが、GTINを利用すれば変換コストが低減されます。また、商品マスター同期化などの商品情報の連絡システムにおいても正確性が高まることになります。

GTIN利用のコンプライアンス
国際的に認知されたGTINアロケーションルール(付番ルール)を遵守することは企業の社会的責任であるとも言えます。 流通システムを正常に維持、運営するために、GTINを採用し、正しく使用することが必要とされます。 例えば、わが国における一部の地域においては条例で「ユニットプライス表示」が義務づけられておりますが、正確なGTINの付番ルールにより、正確な表示を可能とします。

GTIN導入に伴う対応
①集合包装用商品コード14桁への切り替え
②不一致型コード体系への対応
③アロケーションルール(別紙参照)の徹底

Google


WWW を検索
セイデンホームページ内 を検索
お問い合わせはこちら
サポート・お問い合わせ >>
バーコードについて
バーコードリーダーとは? >>
バーコードリーダーの原理の紹介
バーコードについて(GTIN)
GTINの概要を紹介 >>
GTIN詳細情報?
流通システム開発センターへ>>

株式会社セイデン

〒370-0017 群馬県高崎市西島町宮内55-3
TEL.027-352-2511 FAX.027-352-2952